ウォーキングはカロリー消費以外にも絶大な効果がある!!


ウォーキングはカロリー消費以外にも絶大な効果があるのです!


ウォーキング1時間で約200キロカロリーを


消費しますが人が脂肪だけで1kg痩せていく


には、約7200キロカロリーを消費すること


だと言われています。


脂肪を燃焼させる運動で最も簡単にできてしま


うのがウォーキングなのです。ウォーキングと


いうのは1時間で約200キロカロリーを消費


するのです。


仮に1時間のウォーキングを30日間やります


と、200キロカロリー × 30日 = 


6000キロカロリーとなって、一ヶ月に1kg


も痩せないのでうんざりしてしまい、継続でき


ないという思いが出ます。


200キロカロリーは、菓子パン半分程のカロ


リーですので、下手に計算するとやる気も失せ


てしまいそうです。


しかし、ウォーキングの効果というのはカロリ


ー消費だけではないのです。


数週間の入院を経験すればお分かりになると思


うのですが、だいたい歩かない状況が数週間続


けば、立ち上がっただけでも足の力が抜けてし


まい、数歩も歩けないという有様なのです。


これは筋肉が衰えてしまって、自分の体重すら


支えていくのが一杯となってしまっているので


す。 これらの例はいくらでもあって、腕に長


くギブスをはめていれば、例え完治したとして


もスプーンすら重く感じてたり、ヘルニアなど


のように腰を痛めたり、長くギブスを付けてい


ることによって、腰周りの筋肉そのものがギブ


スに頼るという始末。筋肉が衰えたのが原因で、


簡単に筋肉が落ちてしまう経験をされた人もい


ることでしょう。


これが、寝たきりになってしまうという恐怖の


始まりなのです。


動くことが困難になるために、寝たきり状態が


続いてしまい、筋肉が落ちてしまうのです。


筋肉が落ちればリハビリをしていくのも困難に


なって、余計に寝たきりになってしまうという


状態がつづいてしまうのです。


さらに筋肉が落ちるなどして、動きたいけれど


動けないような状態になって、身体を動かさな


いものだから、血流が悪くなってしまうのです。


一般的には血行が悪いと言うのですが、一度身


体が病などにかかると、寝たきりになってしま


えば、さらに筋肉が落ちていき、血行が悪くな


ってしまうという悪循環が続いて、二度と起き


上がることができなくなってしまうのです。


病院や老人ホームによって、多少無理をするこ


とはあってもリハビリをしていくのは、このよ


うな理由からなのです。


身体を壊して、寝た状態が続けば、筋肉が衰え


ていくなど、ますます寝たきりの状態になって


しまうと書きましたが、ウォーキングはその間


逆です。(筋トレとか各スポーツのトレーニン


グにおいても同じことです。)ウォーキングを


続けることによって、だんだんとですが筋肉が


付いて、心肺機能も高まってきます。


回数を重ねることによって、身体をひねる余裕


も出てきて、足を高く上げることができたり、


歩幅を広げたり、ジョギングをしたりと、益々


身体能力が高まっていき、消費カロリーも少し


づつ増えてくるものなのです。


カロリーの消費量だけにとらわれないで、ウォ


ーキングは当然、地味ですが筋力トレーニング


を続けていくこが、理想の体型に近づいていき、


健康的な身体に自分のものにしていく方法なの


です。