筋肉じゃないのに褐色脂肪細胞はカロリーを燃焼して簡単に痩せる!!


筋肉じゃないのに褐色脂肪細胞はカロリーを燃焼して簡単に痩せる方法。


褐色脂肪細胞というのは痩せるためには大切な細胞です。


とても面白いのは「脂肪」細胞なはずなのに、余


計なカロリーを消耗してくれる細胞なんです。


脂肪なのに何でカロリーが燃焼されるのですか?


というあなたの疑問に簡単にお答えします。


褐色脂肪細胞が働かなければ、あなたの体温は


どんどん下がってしまうのです。


あとは、筋肉という細胞がカロリー消耗すると


いうのはご存知ですよね。


運動の選手は、筋肉が普通の人より発達してい


るので、それを使うことで、食べた栄養が燃焼


していくのです。


それだから太りにくいと言えるのですね。


ところが、この褐色脂肪細胞というのは、筋肉で


はないのですがれっきとした脂肪細胞にも関わら


ず、どうしてエネルギーを燃やし続けて


くれるのでしょうか?


それは、褐色脂肪細胞内には、カロリー燃焼工場


が大量に施されているのです。


カロリー燃焼工場とはミトコンドリアと呼ぶ物です。


それが褐色脂肪細胞には沢山含まれていて、普


通は、食べ物の摂取などが原因であなたの体内


で余分な脂肪が増えすぎると、脂肪を燃焼する


ため、褐色脂肪細胞がどんどんと燃やしつづけ


てくれるのです。


そうい事で、褐色脂肪細胞の働きがすごく良い


人は、痩せる体質の人が多いのです。