ダイエット方法でホルモンの影響を受けずに効果的に簡単に痩せる!!

ダイエット方法でホルモンの影響を受けずに効果的に簡単に痩せる方法です。 女性の人ならすぐわかると思いますが、生 理中や生理前は食欲が進み過ぎたり、女性 ホルモンによって太りやすくなっ てしまうのです。 しかし、生理後というのは痩せやすくなり ますので、その時期をうまく捉えダイエッ <<INS1>> トに大いに活用してみましょう。 生理中や生理前は太りやすくて痩せにくい ので、なるべくなら体脂肪を増加させない ように気を付け、生理後の痩せやすい時期 にダイエットを開始すると効果的に痩せる ことができるでしょう。 生理中、生理前に過食して体脂肪が増加して しまうと、生理後の痩せやすい時期にダイエ ットを開始しても、増えた余計の脂肪を減ら すことを考えなければならないので、効果的 に痩せることができないのです。 生理中や生理前後は精神的に不安定な時期で すので、我慢するダイエットを心がけてもス <<INS1>> トレスがたまりドカ食い等して失敗に終わる ことも考えられます。 この時期は余計なストレスにならないように 工夫してダイエットを心がけましょう。 女性には人生の中で太りやすい時期が2、3回 あるのです。 はじめは十代の頃の成長期です。 …

続きを読む

ダイエットでデトックスを効果的に簡単に排出する方法!!

ダイエットでデトックスを効果的に簡単に排出する方法です。 最近は水質汚濁や土壌汚染、大気汚染が進み、 私たちが毎日口にする食べ物や今この瞬間に 吸っている空気に有害物質が含まれているこ とがあるのです。 見た目や味では有害物質が含まれているかわ かりませんが、分からないうちに体内に蓄積 <<INS1>> されていることも考えられます。 体に蓄積された有害物質というものは健康を 損なったり代謝を悪くすることで、太りやす く痩せにくい体にしてしまうことがあリます。 体に蓄積された有害物質を除去し太らない、 痩せやすい体づくりを心がけるには、何とい ってもデトックスをすることが良いのです。 デトックスとは英語で「解毒」や「浄化」という 意味を指し、体の中に蓄積された余分な合成 化合物や重金属(鉛、アルミニウム、ヒ素)な ど人体に有害な毒素を排出させる ための健康法です。 毒素が体に蓄積すると慢性的な冷え、肩こり、 倦怠感、便秘、肌荒れ、むくみな どの症状が現れます。 デトックスを始めるには、運動療法、水を飲 <<INS1>> んで尿を出す、発汗、サプリメント、食事療 法、便秘解消、などが有効と言われているのです。 理由をそれぞれを詳しく説明します。 …

続きを読む

ダイエット方法、効果で「朝食を食べないと太る」は間違い?

ダイエット方法、効果で「朝食を食べないと太る」は間違いなのだろうか。 「朝食を食べないと太る」という通説がある。 これは、朝食を食べないで、昼や夜に 食べ過 ぎによる根源であると言われるのだが、ドイ ツの研究者によれば、 それは間違いであっ たということが明らかになった。 <<INS1>> どうやら、朝食の量は一日のカロリー摂取 に、 なんら影響を与えていないようである。 ドイツのミュンヘン大学、栄養医学研究所の フォルカー・シュスヅィアラー博士らの研究 によれば、 朝食を普通以上にとる人は、少し しか食べない人や全く食事をしない人に比べ、 カロリーを沢山食べることはあっても、 決し て少なくなるということはないとわかったのだ。 研究者チームは380人を対象にして調査を実施した。 対象者割合で言うと280人は太っている人で、 100人は標準体重となった。そして全員に10~ 14日間を実施した。 食事日記を毎日記帳するように指示した。 朝食を沢山食べるという人は、少なめの朝食 をとる人に比較して、平均して400カロリーも の摂取量が多かったというのだ。 <<INS1>> そして、1日の摂取カロリーは他の者に比較し て同様に 400カロリー多いということ が…

続きを読む

効果的なダイエット方法で「朝食を食べないで減量して痩せる」は正解?

効果的なダイエット方法で「朝食を食べないで減量して痩せる」は正解だろうか。 みなさんは朝食をシッカリと食べていますか? 通常は朝食は食べないといけない、 とされています。 今ブームの「食育」教育でも勿論ですが、そ のように教えられています。 <<INS1>> ダイエットをやっている方にとってはい かがでしょうか? 当然シッカリと朝食を摂ることは健康に良い ことはわかリますネ♪ それでも「痩せる」 という目標のためにもう一度よく考えても下さい。 これが肥満の方程式です。 ではカロリー調整は食事を抜くことが良いか悪いか。 本来の考え方からすれば朝食は「食べないと いけない」ということになります。 人間は環境への順応能力がかなり優れているものです。 勿論、食事と食事の間隔が長くなりますと、 体のなかでは「次に栄養が摂れるのは、だい ぶ先だ!」と先を読んで解釈するようになり、 少しづつ栄養吸収力が高まっていきます。 そうなると、勿論ですが、余計な栄養まで蓄 えてしまうのです。 とここまでが通常の考え方です。 たぶん管理栄養士や医者さんも異口同音にこ う答えるはずです。 ダイエット中は、朝食は食べない!低血糖で <<INS1>> あるために活動での…

続きを読む

くびれダイエットを効果的にウエストを細くする簡単な方法!!

くびれダイエットを効果的にウエストを細くする簡単な方法です。 ダイエットをすれば、くびれのある美しいウエ ストを誰でも手に入れることができるかという と、そうとは限りません。 身体は痩せてても、お腹の脂肪を消耗させるこ とが、できなければ、女性らしいくびれたウエ ストを手にすることはできないのです。 お腹の脂肪を消耗させて「くびれたウエスト」 を手中に収めるための効果的なダイエットには、 <<INS1>> どのような方法があるのでしょうか。 脂肪がたまっているお腹まわりをすっきりする ためには脂肪を燃やすための有酸素運 動が効率的です。 くびれを作るためには、ウエストや腰をひねるよ うな運動が効果的だといわれているのです。 この二点をしっかりと出来るのが、フラダンスやベ リーダンスです。腰をひねったたりの動きは当然、 身体の内側にある筋肉を鍛えることができるの で、ダイエット効果も促進することでしょう。 突き出たお腹は骨盤のゆがみが根源となっ ていることもあります。 骨盤を正す運動を実施したり、ベルトなどを使 用して骨盤のゆがみを矯正したりすることがで きれば、くびれたウエストを手中に入れること ができることでしょう。 <<INS1>> 年齢を積んで行くと…

続きを読む